鉄道パスの手配 海外旅行*写真

フランス&モナコ、フィジー、スペインなど海外旅行で撮影した写真を紹介するブログ。

ホーム > スポンサー広告 > 鉄道パスの手配ホーム > ■海外個人旅行の準備 > 鉄道パスの手配

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鉄道パスの手配

入念な準備をしていけば、ある程度不安も解消。
語学に自信がないことと、現地での時間の有効活用などの観点から、私の場合、航空券、ホテル、移動手段(鉄道or車)などは日本で手配しています。


ヨーロッパの鉄道パスには、さまざまな種類があります。
旅行の日程を考えて、最も適したパスを選ぶといいと思います。
現地でチケットを買うよりも少しぐらい高くなる場合には、鉄道パスを購入するほうがいいかもしれません。
現地でチケットを買うのは、面倒ですし、時間がかかる場合もあるからです。
私が利用した主な鉄道パスは、下記のものです。


〇スイスパス

スイス国内の主な鉄道、湖船、バスを通用期間内であれば何回でも乗り放題で利用できるパスです。
期間は連続する4日、8日、15 日、22日、1か月間の5種類。
切符を毎回購入する手間がなく、乗れば乗るほど得になる。 


〇ユーレイルイタリアパス

イタリア鉄道の全線で利用できる鉄道パス。
利用開始日から2か月間の有効期間内で、3~10日の鉄道利用日(通用日数)が選べるフレキシータイプの鉄道パス。


【おまけ】ライゼゲペック

スイス国内の駅から駅へ荷物を直送することができます。
目的地まで乗り換えが多い時や、途中下車で観光しながら目的地へ移動する予定の時には、大きな荷物を先に送っておけるこのサービスはかなり便利です。
ただし通常便は、預けた日から翌々日の到着となるので、預けるタイミングや荷物の分け方など、計画的に考えて利用しましょう。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。