海外旅行*写真

フランス&モナコ、フィジー、スペインなど海外旅行で撮影した写真を紹介するブログ。

ホーム > アーカイブ ? 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Madrid/マドリード(7) アトーチャ駅とAVE

2日目の午後、『ホテル・カールトン』から歩いてアトーチャ駅へ。
列車発着ホームと反対側に温室のような広場があり、熱帯植物がたくさん植えられていて、池には亀もいます。
AVE改札へ行くエスカレーターを上ると、広場を見下ろすことができます。

アトーチャ駅(マドリッド) 
▲アトーチャ駅の中にある温室のような広場 2007.5.4 Photo by C

Estacion de Atocha/マドリッド・アトーチャ駅


アトーチャ駅に1時間前に着いて、手荷物検査もスムーズに済んだので、マドリッド・アトーチャ駅構内(AVE専用改札内)にあるバルで時間つぶし。

昼食(マドリッド) 
▲アトーチャ駅の中にあるバル『La Barrila』 2007.5.4 Photo by C

キンキンに冷えた生ビール(1.7ユーロ)とチーズ・ボカディージョ(3.75ユーロ)をつまみました。

昼食(マドリッド) 
▲スペインの代表的な軽食『ボカディージョ』 2007.5.4 Photo by C

La Barrila

13時発のAVE(スペイン国鉄の新幹線)に乗って、コルドバへ向かいました。
マドリッドからコルドバは約2時間。
座席は飛行機のビジネスクラス並みに広くて、車両ごとにいるキャビンアテンダントがドリンクから食事までサービスしてくれます。

AVE 
▲アトーチャ駅に停車しているAVE 2007.5.4 Photo by C

スペインの車窓から(AVE)
▲AVEの車窓から 2007.5.4 Photo by C

左下から時計回りに、前菜:セロリとニンジンのサラダ、七面鳥のゼラチン、ドライイチヂク、黒オリーブ、シュークリーム、パン、メイン:チキンのシチュー、ラタトゥイユ、ポテト。
食後にはコーヒーも。

AVEの食事サービス 
▲AVEの車内食 2007.5.4 Photo by C

食べたり飲んだりしていると、あっというまにコルドバに到着しました。

AVE
URL http://www.renfe.es/ 
Madrid - Cordoba  Preference(1等) 
13,200円×2人+手数料2,000円=30,600円(『地球の歩き方トラベル ヨーロッパ切符手配』で予約)

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2007/09/09 23:44 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリード(6) エル・コルテ・イングレスとスーパーマーケット

 スペイン旅行最後のマドリードで、庶民派デパートといわれている『エル・コルテ・イングレス』に行きました。
食品売り場は品揃えがよくて、タパスの缶詰、オリーブなど買い込んでしまいました。

オリーブ(マドリード)  
▲オリーブ 2007.5.12 Photo by T

タパスの缶詰(マドリード)  
▲タパスの缶詰 2007.5.12 Photo by T

オリーブオイル(マドリード)  
▲缶入りオリーブオイル 2007.5.12 Photo by T

オレンジの花のハチミツ(マドリード)  
▲オレンジの花のハチミツ 2007.5.12 Photo by T

コンギトスのお菓子(マドリード)
▲コンギトスのチョコレート菓子 2007.5.12 Photo by T

コンギトス(Conguitos)はチョコボールのようなお菓子。
キャラクターがすごくおちゃめ。

レアル・マドリードのユニフォーム(マドリード) 
▲レアル・マドリード(スペインのサッカーチーム)のユニフォーム 2007.5.12 Photo by T

マドリードのサッカーチームだけでなく、他の地域のサッカーチームのものもありました。
バラハス空港のサッカー・ショップよりも品揃えがいいです。

El Corte Ingles/エル・コルテ・イングレス
URL http://www.elcorteingles.es/

飲み物を買いに、ホテル・カールトンのすぐ近くにあるスーパーマーケットへ行きました。
1ブロック南にあり、青い看板が目印。
コンビニのような雰囲気で、けっこう遅くまで営業しているようです。
夜食に生ハム(7.2ユーロ)と水(0.75ユーロ)を買いました。

OpenCor
URL http://www.elcorteingles.es/opencor/paginas/home.asp

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/08 20:50 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリード(5) バルめぐり

夕方からソル周辺にあるバルをはしごして、いろんなタパスを食べ歩きました。
まずは、ハムの博物館という意味のハム専門のバル『ムセオ・デル・ハモン』へ。

Museo del Jamon(マドリード) 
▲頭上に生ハムがずらりと並んだカウンター Photo by C 2007.5.12

Museo del Jamon(マドリード) 
▲バルの片隅には量り売りする肉屋もあります Photo by C 2007.5.12

イベリコ豚の最高級生ハム「ベジョータ」とスパイス入りソーセージ「モルコン」の盛り合わせ(12.30ユーロ)とイカのフライ(6.30ユーロ)、ビール(1.10ユーロ)を注文。

Museo del Jamon(マドリード) 
▲(上)脂でテカテカの生ハム (下)イカのリングフライ Photo by C 2007.5.12

日本では見かけない、テカテカで歯ごたえのある生ハムは、高級品であるベジョータで、豚肉の旨みが凝縮されているようですごく美味しかったです。

 Museo del Jamón/ムセオ・デル・ハモン
URL http://www.museodeljamon.es/

続いて、すぐ近くにある海老専門のバル『ラ・カサ・デル・アブエロ』へ。

La Casa del Abuelo(マドリード) 
▲歴史を感じる店構えの海老専門バル Photo by C 2007.5.12

La Casa del Abuelo(マドリード) 
▲店内の壁にかけられた鏡に書かれたメニュー Photo by C 2007.5.12

カウンターはなくて、小さなテーブルがいくつかありました。
エビの鉄板焼き(6.80ユーロ)と白ワインのチャト(2.05ユーロ)を注文。
チャトはお猪口のような小さめのグラスワインのことで、少量のタパスをつまむときに最適。

La Casa del Abuelo(マドリード) 
▲定番メニューの海老の鉄板焼き Photo by C 2007.5.12

殻つきのまま鉄板で焼かれた海老は、香ばしくて、白ワインに合います。

La Casa del Abuelo
URL http://www.lacasadelabuelo.es/

最後に、ムール貝専門のバル『ラ・リア』へ。
店内にはカウンター、外にテーブル席があり、料金が少し違ったようです。
日本語メニューがありました。

La Ria(マドリード) 
▲路上にテーブル席もあるムール貝専門バル Photo by C 2007.5.12

La Ria(マドリード) 
▲壁にかけられたムール貝の説明 Photo by C 2007.5.12

ピリ辛ソースのムール貝(4.50ユーロ)、レモン風味のムール貝(4.50ユーロ)と白ワインのチャト(1.40ユーロ)を注文。

La Ria(マドリード) 
▲左がレモンで、右がピリ辛ソース、白ワインはチャトで Photo by C 2007.5.12

La Ria
C/Pasaje de Mathéu, 5, Madrid URL 

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/07 22:59 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリード(4) レストラン・ボティン

お昼の開店直後に、世界で最も古いレストラン『ボティン』へ行きました。
予約していませんでしたが運良く入ることができて、地下への席へ案内されました。

ボティンの外観(マドリード) 
▲レストラン・ボティンの外観 2007.5.12 Photo by C

ボティン(マドリード) 
▲ボトルがたくさん並んだ棚と生ハム 2007.5.12 Photo by C

貯蔵庫を改装した地下フロアは、アーチ型になっています。
なんとなくヒンヤリした感じがしました。

ボティンの地下(マドリード) 
▲貯蔵庫を改装した地下フロア 2007.5.12 Photo by C

料理の量が多すぎるという情報だったので、定食(35.90ユーロ)を1人前とイベリコ豚のハムとインゲンの炒め物(9.55ユーロ)を注文。
定食には、にんにくスープ、子豚の丸焼き、アイスクリーム、パン、飲み物が含まれています。
子豚の丸焼きはとても柔らかくてジューシーで、あまりの美味しさにすぐ食べ終わってしまったので、定食を2人前注文すればよかったと後悔しました。

ボティン名物子豚の丸焼きをカット(マドリード)
▲名物子豚の丸焼きを切り分けるところ 2007.5.12 Photo by C

ボティン(マドリード) 
▲(左上)にんにくスープ(左下)子豚の丸焼き(右上)ハムとインゲンの炒め物
(右下)アイスクリーム 2007.5.12 Photo by C

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/06 21:38 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリッド(3) ホテル・カールトンとホテル・アローサ

日本からスペインに到着した日は、アトーチャ駅近くにある4つ星ホテルのホテル・カールトンに宿泊。
安全面を考えて4つ星ホテルを選びました。玄関にはガードマンが立っています。
アメニティはシャンプーはもちろん、海外では珍しくハブラシまでそろっています。

ホテル・カールトンの客室(マドリード) 
▲ホテル・カールトンの客室 2007.5.3 Photo by T

ホテル・カールトン前の大通り(マドリード)
▲窓からホテル・カールトン前の大通りを見下ろしたところ 2007.5.3 Photo by T

朝食は、1階にあるカフェのような場所でバイキング。
温かい卵料理もありました。

ホテル・カールトンの朝食(マドリード) 
▲ホテル・カールトンの朝食 2007.5.4 Photo by C

2日目の観光は『プラド美術館』だけにしぼっていて、午後にはアトーチャ駅から『AVE』でコルドバに発つことになっていたので、パーフェクトに便利な立地でした。

Hotel Carlton ****
URL http://www.hotelcarlton.com/
#304 ツイン(朝食込) 1泊 16,400円 (オクトパストラベルで予約)

日本に発つ日の前日は、空港シャトル・バスがある『ホテル・アローサ』に宿泊。
グラン・ビア通りに程近く、『エル・コルテ・イングレス』、『マヨール広場』などへも歩いて行くことができます。
タブラオ『トーレス・ベルメハス』でフラメンコを見終わると夜中の1時ごろで、他のお客さんがタクシーを待っている中、ホテルまで徒歩で帰ることもできました。

ホテル・アローサ(マドリード) 
▲夜、ライトアップされているホテル・アローサの外観 2007.5.12 Photo by T

朝食ビュッフェは、オレンジジュース、コーヒー、パン、生ハム、チーズなど一通り揃っていました。

ホテル・アローサの朝食(マドリード) 
▲ホテル・アローサの朝食 2007.5.12 Photo by C

空港シャトル・バスは1時間に1本で、前日の19時までに予約が必要です(11ユーロ)。
8人乗りの車で、他のベストウエスタン系のホテルに立ち寄ってから空港へ。
フロントに聞くと空港までは約45分とのことでしたが、日曜日の朝だったからか約30分とかなり早く到
着しました。

Hotel Arosa ****
URL http://www.hotelarosa.com/
#623 ツイン(朝食込) 1泊 12200円 (『海外ホテル』で予約)

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/05 19:52 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリード(2) フラメンコ

日本に発つ前日にチェックインしたホテル・アローサで、レセプションにお願いして、フラメンコショーが行われるタブラオのトーレス・ベルメハスに、予約してもらいました。
ホテル・アローサから2ブロック歩いて、23時ちょっと前に店に到着すると、入り口は人だかり。
ホテルと名前と人数(スペイン語)を読み上げられた人から、順番に席に案内されているようでした。

内部はアルハンブラ宮殿風で、舞台のすぐ近くからテーブルが並べられています。
ワンドリンクまたはディナー付きですが、落ち着いて食事できる雰囲気ではないかも。

フラメンコ(マドリード) 
▲赤いドレスを着たフラメンコダンサー Photo by C 2007.5.12

女性の情熱的で華やかなフラメンコも素敵ですが、男性の激しく迫力のあるフラメンコもすごくよかったです。

フラメンコ(マドリード) 
▲男性のフラメンコダンサーの動きはかなり激しい Photo by T 2007.5.12

フラメンコ(マドリード) 
▲フラメンコダンサーとシンガー Photo by T 2007.5.12 

帰りはとても遅く翌1時ごろになってしまいました。
少し早めに席を立ちましたが、店の周辺はタクシーを待つ人で混雑していました。
すぐ近くのホテルに宿泊していてよかったです。

Torres Bermejas/トーレス・ベルメハス
URL http://www.torresbermejas.com/ (スペイン語・英語)

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/04 21:58 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Madrid/マドリッド(1) プラド美術館とマヨール広場とちょっとだけ王宮

日本からスペインに到着した日は、アトーチャ駅近くにあるホテル・カールトンに泊まりました。
2日目の朝、プラド通り沿いを歩いてプラド美術館へ向かいました。

プラド通り(マドリッド)
▲街路樹の新緑と噴水が美しいプラド通り 2007.5.4  Photo by T

Paseo del Prado/プラド通り

9時前にプラド美術館に到着しましたが、ゴヤ門側入り口は、開館を待つ人の行列ができていました。
入り口で小さな日本語のガイドブック(1ユーロ)を購入。
ガイドブックを参考にしながら駆け足で見学して、なんとか2時間でまわれました。
内部は写真撮影禁止になっていました。

プラド美術館(マドリード) 
▲プラド美術館のムリーリョ門側にある入り口 2007.5.4 Photo by C

Museo Nacional del Prado/プラド美術館
URL http://museoprado.mcu.es/home.html

アンダルシア地方、エストレマドゥラ地方、カスティーリャ・ラ・マンチャ地方を周って、10日目に再びマドリードに戻ってきました。
グランビア通り近くにあるホテル・アローサにチェックイン後、マヨール広場を通り抜けて、世界一古いレストランであるボティンを目指します。

マヨール広場への入り口(マドリード) 
▲旧市街の中心にあるマヨール広場への入り口 Photo by T 2007.5.12

マヨール広場(マドリード) 
▲王家の儀式や闘牛、祭りなどが行われていたマヨール広場 Photo by T 2007.5.12

 Plaza Mayor/マヨール広場

ボティンでの昼食の後、エル・コルテ・イングレスで買い物して、一旦、ホテルへ。

静かな街並み(マドリード) 
▲マドリードには珍しく静かなボティン付近の街並み Photo by T 2007.5.12

今度は、王宮に向かって歩きました。

街並み(マドリード) 
▲背の高い建物が立ち並ぶオペラ駅付近の街並み Photo by T 2007.5.12

エル・コルテ・イングレスでの買い物に時間がかかりすぎてしまって、王宮の入館時間は終了していました。
門の隙間から、広場と建物だけ見学。

門の外からのぞいた王宮(マドリード) 
▲入場できなくて、門の外からのぞいた王宮 Photo by T 2007.5.12

Palacio Real/王宮
URL  http://www.patrimonionacional.es/palacios.htm

王家宗教建築の名宝といわれるデスカルサス・レアレス修道院を探したのですが、よくわからなくなってしまいました。
その周辺にあった広場で、銅像にもたれて居眠りする人を発見。

銅像にもたれて眠る人(マドリード) 
▲広場にある銅像にもたれて眠る人 Photo by C 2007.5.12

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/09/03 00:02 ] Madrid / SPAIN | TB(0) | CM(2)

スペインGW個人ドライブ旅行日程(2007年)

2007年のGW+アルファで、スペインのアンダルシア地方から銀の道を北上し古都トレドをめぐるドライブ旅行をしました。
今回の旅の一番の目的はパラドールに泊まることで、カルモナ、カセレス、プラセンシア、トレドの4ケ所に合計7泊しました。
そのほか、世界遺産はコルドバ、セビーリャ、メリダ、カセレス、トレドの5ヶ所、それから、あまり観光客がいない小さな村へも行くことができました。

地名

予定

1(2007.5.3)

 

マドリード

 

【KLM】午前:関西国際空港~(乗り継ぎ)~夜:バラハス空港

【タクシー】夜:バラハス空港~マドリード

【昼食】機内食 【夕食】機内食
【宿泊】ホテル・カールトン

2(2007.5.4)

マドリード

 

コルドバ

 

 

【観光】午前:プラド美術館

【AVE】午後:アトーチャ駅~午後:コルドバ駅

【タクシー】午後:コルドバ駅~コルドバ

【観光】夕方:メスキータ

【朝食】ホテル 【昼食】AVE 【夕食】炭火焼レストラン 
【宿泊】ホテル・マイモニデス

3(2007.5.5)

コルドバ

 

カルモナ

 

【観光】午前:花の小道、アルカサル、パティオ祭り

【レンタカー】昼:コルドバ~午後:カルモナ

【観光】午後:博物館、セビーリャ門

【朝食】カフェ 【昼食】パラドール 【夕食】バル 
【宿泊】パラドール・デ・カルモナ

4(2007.5.6)

カルモナ

セビーリャ

 

 

カルモナ

【レンタカー】午前:カルモナ~午前:セビーリャ

【観光】午前:アルカサル

【観光】午後:カテドラル、サンタ・クルス街

【レンタカー】夕方:セビーリャ~夜:カルモナ

【朝食】パラドール 【昼食】バル 【夕食】バル 
【宿泊】パラドール・デ・カルモナ

5(2007.5.7)

カルモナ

メリダ

 

カセレス

 

【レンタカー】午前:カルモナ~昼:メリダ

【観光】午後:円形競技場、ローマ劇場

【レンタカー】午後:メリダ~午後:カセレス

【観光】夕方:サンタ・マリア教会

【朝食】パラドール 【昼食】カロリーメイト 【夕食】パラドール 
【宿泊】パラドール・デ・カセレス

6(2007.5.8)

 カセレス

 

プラセンシア

 

【観光】午前:カセレス博物館、バフコの塔

【レンタカー】昼:カセレス~午後:プラセンシア

【観光】午後:城壁、水道橋

【朝食】パラドール 【昼食】バル 【夕食】パラドール 
【宿泊】パラドール・デ・プラセンシア

 7(2007.5.9)

プラセンシア

ガルガンタ・ラ・オリャ

ユステ

 

プラセンシア

 

 

【レンタカー】午前:プラセンシア~午前:ガルガンタ・ラ・オリャ

【観光】午前:木組みの家

【レンタカー】昼:ガルガンタ・ラ・オリャ~午後:ユステ

【観光】午後:ユステ修道院

【レンタカー】午後:ユステ~プラセンシア

【観光】午後:プラセンシア

【朝食】パラドール 【昼食】バゲット 【夕食】パラドール 
【宿泊】パラドール・デ・プラセンシア

8(2007.5.10)

 プラセンシア

トレド


【レンタカー】午前:プラセンシア~午後:トレド

【観光】午後:カテドラル、サント・トメ教会、トランシト・ユダヤ教会、サンタ・マリア・デ・ラ・ブランカ・ユダヤ教会

【朝食】パラドール 【昼食】バル 【夕食】パラドール 
【宿泊】パラドール・デ・トレド

9(2007.5.11)

 トレド

コンスエグラ

 

トレド

 

【レンタカー】午前:トレド~午前:コンスエグラ

【観光】午前:コンスエグラ(風車)

【レンタカー】午前:コンスエグラ~トレド

 【観光】午後:サン・ファン・デ・ロスレイエス修道院、サンタ・クルス博物館

【朝食】パラドール 【昼食】バゲット 【夕食】パラドール 
【宿泊】パラドール・デ・トレド

10(2007.5.12)

 トレド

マドリード

 

 

【レンタカー】午前:トレド~昼:マドリード

【観光】午後:マヨール広場、王宮

【観光】深夜:フラメンコ

【朝食】パラドール 【昼食】レストラン 【夕食】バルめぐり 
【宿泊】ホテル・アローサ

11(2007.5.13)

 マドリード

 

【送迎バス】朝:マドリード~朝:バラハス空港

【KLM】午前:バラハス空港~(乗り継ぎ)

【朝食】ホテル 【昼食】機内食 【夕食】機内食
【宿泊】機中泊

12(2007.5.14)  ~午前:関西国際空港

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。