Andalucia / SPAIN 海外旅行*写真

フランス&モナコ、フィジー、スペインなど海外旅行で撮影した写真を紹介するブログ。

ホーム > カテゴリー ? Andalucia / SPAIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(1) メスキータ

コルドバは、西カリフ帝国時代に首都として栄えた町。
中心にはメスキータ、周辺にユダヤ人街やローマ橋が残っています。

コルドバでは、メスキータ近くにあるホテル・マイモニデスに宿泊。
さっそく、歩いてメスキータへ。

メスキータ(コルドバ) 
▲メスキータの扉のイスラム模様 2007.5.4 Photo by C

メスキータに入ってすぐのところにあったイスラム模様で飾られた扉。
八角星が光で輝いていました。

メスキータに入ってすぐのところに、円柱の森がありました。

メスキータ(コルドバ)
▲メスキータの円柱の森 2007.5.4 Photo by T

メスキータの中央にはカテドラルがあります。

メスキータ(コルドバ) 
▲メスキータのカテドラルの祭壇 2007.5.4 Photo by T

メスキータ(コルドバ) 
▲メスキータのカテドラルのステンドグラス 2007.5.4 Photo by T

メスキータ内部(コルドバ) 
▲メスキータのカテドラルの天井 2007.5.4 Photo by C 

メスキータ(コルドバ) 
▲メスキータのカテドラルの天井と聖歌隊席 2007.5.4 Photo by T

一番奥には、メッカの方角を示す「ミフラーブ」がありました。
ミフラーブの周りにはアラビア文字の装飾が施されています。
天井を見上げると、黄金色のモザイクがきらきら光っていてとてもきれいでした。

メスキータ(コルドバ)
▲黄金の装飾が施されたメスキータのミフラーブ 2007.5.4 Photo by T

メスキータ(コルドバ) 
▲メスキータのミフラーブ前のドーム天井 2007.5.4 Photo by T

翌日、再び朝10時ごろに再び訪れました。
前日とは光の当たり方が違ったので、朝の光に照らされて、アラビア装飾がきれいでした。
(朝は無料で入場できますが、カテドラル部分が立ち入り禁止になります)

メスキータ(コルドバ)
▲メスキータ 2007.5.5 Photo by T

Mezquita
URL http://www.mezquitacatedral.es

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2007/10/08 23:30 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(2) ユダヤ人街とローマ橋

メスキータの北西の道を行くと、ユダヤ人街です。
このあたりは花で窓を飾った家が多くて、とても素敵なエリアです。

花が飾られた窓(コルドバ) 
▲ユダヤ人街の窓に飾られた花 2007.5.4 Photo by C

池のあるパティオ(コルドバ) 
▲ユダヤ人街の八角星の噴水のあるパティオ 2007.5.4 Photo by C

ユダヤ人街(コルドバ)
▲ユダヤ人街の鉄の門 2007.5.4 Photo by C

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/09 00:45 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(3) 花の小道とアルカサル

花の小道には、観光客が少ない早朝に行きました。
向こうにはメスキータのミナレットが見えて、最もコルドバらしい通りといわれています。
メスキータの北にある道を少し行くと、花の小道があります。

花の小道(コルドバ)
▲花の小道と向こうに見えるメスキータのミナレット 2007.5.5 Photo by T

花の小道(コルドバ) 
▲花の小道の行き止まりにある小さな噴水のある広場 2007.5.5 Photo by T

Calleja de las Flores/花の小道

朝食をメスキータ近くのアイスクリーム屋さんで食べた後、メスキータの南西の道を行くとアルカサルへ。
アルカサルは14世紀に軍事目的で建てられた建物で、コロンブスがカトリック両王に謁見した場所でもあります。

アルカサル(コルドバ)
▲アルカサルにある壁一面に飾られた巨大なモザイク 2007.5.5 Photo by T

アルカサルの建物から出て、建物の上に上りました。

アルカサルからメスキータが見える(コルドバ) 
▲アルカサルからメスキータが見える 2007.5.5 Photo by T

幾何学模様に整えられたアラブ式庭園は、アルカサル一番の見どころです。

アルカサル(コルドバ) 
▲アルカサル 2007.5.5 Photo by C

Alcazar/アルカサル

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/10 21:27 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(4) パティオ祭り

コルドバを訪れたときに、ちょうどパティオ祭りが開催されていました。
期間中、参加している一般の家のパティオ(中庭)を見学できます。
アルカサルからホテル・マイモニデス(メスキータ近く)に戻る途中、ユダヤ人街は11時のオープンを待つ人で、ごった返していました。

まず1軒目のパティオを拝見。

パティオ祭(コルドバ)
▲ツルバラが絡むロマンティックな井戸 2007.5.5 Photo by C

パティオ祭(コルドバ) 
▲たくさん花が吊るされた階段のあるパティオ 2007.5.5 Photo by C

パティオ祭(コルドバ)
▲パティオを取り囲む花の壁 2007.5.5 Photo by C

1軒目のパティオから出て道を歩いていると、花が飾られて絵のようになった窓がありました。
すごく素敵です。
花はアイビーゼラニウムがダントツで多いようです。

パティオ祭り(コルドバ)
▲花が飾られた窓 2007.5.5 Photo by T

2軒目のパティオへ。
今度はユリの花が飾られていました。

パティオ祭り(コルドバ) 
▲ユリが咲くパティオ 2007.5.5 Photo by T

パティオ祭に参加している家がどこにあるのかは、インフォメーションにあるマップでわかります。
ユダヤ人街だけでなく、コルドバのあちこちでやっています。
マップがなくても、公開している家は人だかりになっているので、わかりやすいと思います。

Festival de Los Patios Cordobeses
URL http://www.patiosdecordoba.net/index.php?option=com_content&task=view&id=144&Itemid=1

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/11 23:37 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(5) ホテル・マイモニデス

メスキータを部屋から眺められるホテルを探して、ミナレットに近いマイモニデスに決めました。
メスキータのすぐ近くにある3つ星ホテル。
中央がホテルの入り口で、その奥がギフトショップになっています。

ホテル・マイモニデスの外観(コルドバ) 
▲ホテル・マイモニデス 2007.5.5 Photo by C

レセプションのあるロビーを通り抜けるとパティオ(中庭)があります。

ホテル・マイモニデス(コルドバ) 
▲ホテル・マイモニデスのパティオ 2007.5.4 Photo by T

ホテル・マイモニデス(コルドバ)
▲ホテル・マイモニデス 2007.5.4 Photo by T 

コルドバらしい雰囲気を大切にしているホテルで、4つ星ホテルと同じくらい設備が整っています。

ホテルから見たミナレット(コルドバ) 
▲ホテル・マイモニデスの部屋から見たミナレット 2007.5.4 Photo by C

予約で「メスキータが見える眺めのよい部屋」をリクエストしたら、その通りになったので大感激。

Hotel Maimónides
URL 
http://www.hotelmaimonides.com/
#212  ツイン(食事なし) 1泊 168ユーロ=27,960円

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/12 22:11 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordoba/コルドバ(6) 炭火焼レストランとアイスクリーム屋

El Churrasco(コルドバ)
▲El Churrasco 2007.5.4 Photo by T

13世紀の邸宅を利用した、チュラスコ(スペイン語で炭火焼という意味)が名物のレストラン。
1階で炭火焼ステーキを焼いています。

エル・チュラスコ(コルドバ)
▲El Churrasco 2007.5.4 Photo by C

(左上)Calamares Fritos/Fried Squids/イカのフライ(10ユーロ)は、とても柔らかくてさくさく。

(左下)アンダルシア地方の郷土料理のRabo de Toro/Bull Tails Stew/テールシチュー(12ユーロ)は、ビーフシチューに似た味つけで、柔らかくて骨からほろりと肉が外れます。

(右)店の名物のSolomillo de Ternera al Carbon de Encina/Charcoal-Grilled Veal Tenderloin/炭火焼ステーキ(17.60ユーロ)は、とても厚いお肉で、かなりレアに近いミディアム。

El Churrasco
URL 
http://www.elchurrasco.com/

コルドバの夜(コルドバ) 
▲コルドバの夜 2007.5.4 Photo by T

翌朝、朝食を食べれる場所を探して歩きました。
朝早くから開店しているお店はほとんどなくて、8時30分ごろにようやく朝食を食べれそうなところを見つけました。

バル(コルドバ) 
▲Helederia Queen  2007.5.5 Photo by C

パンやサンドイッチも扱っているお店ですが、Helederiaとはアイスクリーム屋のことのようです。

トーストとクロワッサン(コルドバ) 
▲Helederia Queen  2007.5.5 Photo by C

右上から時計回りに、Cafe con Leche/カフェオレ(1.15ユーロ)、Croissan /クロワッサン(1.50ユーロ)、Cafe y Tostadas/コーヒーとトーストセット(2.80ユーロ)
バゲットを縦に切ったものトーストに、地元の人はトマトペーストを塗って食べていました。
カフェ・コン・レチェと呼ばれるカフェオレが朝の定番です。

Helederia Queen
住所不明(メスキータの北側の通り)

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/13 22:46 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

【世界遺産】Cordba/コルドバ(7) コードバンの老舗

職人のおじいさん(コルドバ) 
▲Meryan 2007.5.4 Photo by C

ユダヤ人街にある老舗の手づくり皮革店で、コルドバの風景を描いた皮細工を買いました。
少し傷があるから直してほしいとお願いしたら、その場でちゃちゃっと補修してくれた上に、「50年ぐらい前から、ここで働いている」、「今、パティオ祭をやっているよ」など、いろいろとおしゃべり。
最後には絵葉書をおまけしてくれました。

Meryan
URL 
http://meryancor.com/index.html(西・仏・英) 

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/10/14 21:23 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Carmona/カルモナ(1) 旧市街

カルモナは、14世紀に建てられた城を再現したパラドールがある小さな町。
見どころはあまりありませんが、アンダルシアの白い町をのんびりと散策できました。
車があれば、セビーリャに近いので便利です。

市立博物館(カルモナ)
▲市立博物館で展示していたタイル 2008.5.5 Photo by C

発掘調査で出土した土器などを展示した考古学博物館。
古いタイルやモザイク、町の模型などもありました。

Museo de la Ciudad/市立博物館

セビーリャ門(カルモナ)
▲奥行きがあり、真ん中から空が見えるセビーリャ門 2007.5.6 Photo by C

古くて、とても重々しい雰囲気の門。
インフォメーションで料金を払うと、門の上に登ることができます。

セビーリャ門からの風景(カルモナ)
▲セビーリャ門からカルモナの白い町を眺める 2007.5.5 Photo by C

門の上からは、白い町を見渡すことができます。
遠くにはパラドールが見えました。

Puerta de Sevilla/セビーリャ門

コルドバ門(カルモナ)
▲コルドバ門 2007.5.6  Photo by T

セビーリャ門に比べると、かなり新しい感じがするので復元されたものかも。
上に登ることはできません。

Puerta de Cordoba/コルドバ門

*夕景

夕景(カルモナ)
▲カルモナの夕景 2007.5.6 Photo by T

夕食を食べて、サン・フェルナンド広場からパラドールに戻る途中に出会った夕焼け。
強い日差しの太陽が沈んで、静かな夜が来ます。

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/11/01 18:02 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Carmona/カルモナ(2) パラドール・デ・カルモナ

パラドールとは、古城や宮殿、修道院などの歴史的建造物を修復してつくられた国営ホテル。
パラドール・デ・カルモナは、14世紀に残虐王ペドロ1世が愛人のために建てた城を、資料に基づいて忠実に再現して1976年にオープンしました。

パラドール(カルモナ)
▲コルドバ門から出て町の外から見たパラドール 2007.5.6 Photo by T

Parador de Carmona(カルモナ)
▲ペドロ1世の紋章が掲げられたパラドール・デ・カルモナの正面玄関 2007.5.5 Photo by T

Parador de Carmona(カルモナ) 
▲パラドールのレストラン横にあるテラス 2007.5.5 Photo by T

テラスには宿泊客以外も入ることができ、アンダルシアの大平原を一望できます。
宿泊すれば、ほとんどの部屋から同じ風景を見ることができます。

Parador de Carmona(カルモナ)
▲パラドールのサロン『大使の間』 2007.5.6 Photo by T

早朝、朝日が差し込む「大使の間」。
壁やソファーなどが大胆にも赤一色で統一されて、ペドロ王のシンボルマークのタペストリーが飾られています。

タイルがきれいなパラドールのバー(カルモナ)
▲カウンターの青いタイルがきれいなバル 20075.6 Photo by C

Parador de Carmona(カルモナ)
▲ムデハル様式の噴水があるパティオ 2007.5.6 Photo by T

幾何学模様のブルータイル、星模様の格子など、いたるところにイスラム様式が使われています。
このパティオの美しさは、パラドールの中でも指折りだそうです。

Parador de Carmona(カルモナ)
▲パラドールのツインルーム 2007.5.5 Photo by T

パラドール(カルモナ)
▲部屋のテラスのしきりもイスラム模様 2007.5.5 Photo by C

朝食(カルモナ)
▲パラドールの朝食のビュッフェ 2007.5.6 Photo by C

Parador de Carmona
URL  http://www.parador.es/
#408 ツイン(朝食込) 2泊 440.84ユーロ=72,890円(インターネット予約)

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/11/02 22:00 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

Carmona/カルモナ(3) パラドールのレストランと、バル

パラドール・デ・カルモナ1階にあるレストランで昼食。

Parador de Carmona(カルモナ)
▲パラドール・デ・カルモナのレストラン 2007.5.5 Photo by T

パラドールの1階にあるレストラン。
白い天井に黒い梁が印象的な伝統的建築様式で、とても素敵な雰囲気。
さらに、窓から大平原を眺めることができます。
カルモナを訪れたなら、ぜひとも立ち寄ることをおすすめします。

パラドールでの昼食(カルモナ)
▲パラドール・デ・カルモナのランチ定食 2007.5.5 Photo by C

ランチ定食(22ユーロ)を注文。
(左上)ドリンクといっしょに出された「エビフライとコロッケ」はパン粉が細かくサクサク。
(右上)カルモナ風ほうれん草とひよこ豆の煮込み。
(左下)サーモンのソテー えびソース
(右下)デザート・ビュッフェでした。たくさんの種類があったので、全種類制覇は断念。

カルモナでの夕食は、2日とも、サン・フェルナンド広場にあるバルで、スペイン人と同じように軽めにしました。

バル(カルモナ)
▲El Tapeoの外観 2008.5.5 Photo by C

広場に何軒かあるバルの中で、黒板に書かれたメニューの文字が一番読みやすかったのが決め手。
(外国人が書くアルファベットって、読みにくいことが多いです・・・)

El Tapeo(カルモナ)
▲El Tapeoの店内 2008.5.5 Photo by T

マスターとその妻らしき女性の二人でやっている小ぢんまりとしたお店です。
カウンターに並べられているおかずを指差して注文できます。

El Tapeo(カルモナ)
▲棚にはられたカタツムリのイラスト 2008.5.5 Photo by T

あまりの可愛さ(?)に、オーダーしてしまいました。

夕食(カルモナ) 
▲El Tapeoのタパス 2008.5.5 Photo by C

(左上)魚卵のマリネ
(右上)おっかなびっくり食べたカタツムリは、ぴりっと唐辛子がきいた酒蒸しという感じ。
(左下)じゃがいも入りスペイン風オムレツ
(右下)生ハムとブルーチーズのサンドイッチ
Tapa(小皿料理)は1.80ユーロ

Cafe-Bar El Tapeo

◆Bar Plaza

Bar Plaza(カルモナ)  
▲Bar Plazaの外観 2007.5.6 Photo by C 

Bar Plaza(カルモナ) 
▲Bar Plazaの店内 2007.5.6 Photo by T

サン・フェルナンド広場で、20時ごろになって、やっと開店したバルを見つけました。
店内のテレビでは、闘牛の生中継中。
タパス(小皿料理)の感覚で注文したら、一皿の量が多くて完食するのに苦労することに・・・。

Bar Plaza(カルモナ) 
▲Bar Plazaのタパス 2007.5.6 Photo by C

(左上)ごろごろポテトと卵、トマト、ツナのポテトサラダ」はかなりイケます。
(右上)メロ(白身魚)のフライ
(下)ロッケ」には魚のすり身が入っているようです。ミートボール」はトマトソースで、リブロースステーキ」はちょっと硬め。いずれもフライドポテトがついてきます・・・。
(一皿6.50ユーロ前後だったと思います)

Bar Plaza

【関連リンク】
◆スペイン政府観光局 日本語オフィシャルサイト http://www.spain.info/JP/TourSpain?Language=ja

人気ブログランキングへ

[ 2007/11/03 17:25 ] Andalucia / SPAIN | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。